全国高齢者ケア協会の概要と趣旨

1.概要

 当協会は,前身である全国老人ケア研究会を1993年に設立し,2000年1月27日に特定非営利活動法人(NPO)とし,全国に会員数2000名余を有する。会員は看護職が7割,介護職(ヘルパー)が2割で,あとは医師,栄養士,PT,OT,歯科医,教員などの高齢者ケアに高い関心があり,質の向上を目指そうとする方々によって構成されている。

住所,電話・FAX番号は,以下のとおりになります。

   〒169-0075
       東京都新宿区高田馬場1−21−13 廣池ビル402
       TEL(03)3204-2695  FAX(03)3232-1340
       E-mail:info@care-k.net

2.趣旨

 本格的な高齢社会の到来を目前にして,高齢者ケアを,誰が,どのように,担っていくかが社会的問題になっています。また,長い歴史のある看護と新しく登場した介護がどのようにかかわっていけば,高齢者や家族にとって望ましいものであるかが意志統一されない現状にあります。
 そこでこの法人は,看護と介護の協調と自立を目指して,両者の交流と理解を図り,実践研究を積み重ね,その成果を普及し,さらに,高齢者を支える専門家や家族または地域住民に対して,介護の知識・技術を普及するとともに相互のネットワークを進め,それにより高齢者ケアの質の向上に貢献し,高齢者の自立と安寧をもたらすことを目的としています。
 この法人は,上記の目的を達成するために,次の種類の特定非営利活動を行います。

(1)保健・医療又は福祉の増進を図る活動
(2)以上の活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡,助言又は援助の活動

TOPへ戻る

特定非営利活動法人(NPO)
全国高齢者ケア協会
JAPANESE SOCIETY OF CAREGIVING OF THE ELDERLY