ケアマネジメントの目指すべき方向

1.ケアマネジメントの目的

利用者が必要とするサービスを効果的・効率的に提供するための
ケアマネジャーによるサービスの選択・調整

アセスメント

<情報収集>

・利用者の生活の全体像を明らかにして、課題(ニーズ)を把握するために状況分析・判断していくこと。

・その時、得られた情報が何を意味しているか考えていく

・したがって、利用者がどのように生活しているかを綿密に観察する。

<課題(ニーズ)の把握>

・表面に現われている現象を問題としてとらえるのではなく、状況の背景に潜む原因を明らかにする。

・現象の相互関連を明らかにする
(たとえば、気分の落ち込みが食欲不振につながっている場合など)

<目標の設定>

・長期目標は最終的ないしは長期的見通しで到達する望ましい結果を示す。

・短期目標は、長期目標を達成するまでのステップとしての短期間の見通しで到達する目標を示す。

ケアカンファレンス

ケアプランの作成

<サービスの内容>

・役割分担と各自の責任を明らかにしておく

サービスの提供

モニタリング

・計画と評価は、表裏一体となって機能してはじめて質の高いサービスを保証することになる。

・サービスを利用して利用者や家族が満足しているかという意向が評価の中心になる。

・新しいケアプランの立案に結びつける。

TOPへ戻る 2へ続く 3へ続く 特集へ戻る  特定非営利活動法人(NPO)
全国高齢者ケア協会
JAPANESE SOCIETY OF CAREGIVING OF THE ELDERLY