【 暴 力 】
 ふだんから痴呆高齢者の思い,欲求を受けとめることに努め,暴力
をふるうような行動に至らせないようにする。楽しみやゲームをさせた
りして張りをもたせる。 また,刃物などをか片付けて遠ざけておく。
暴力をふるわれたときに,つられて興奮したり,力で
 押さえつけたりしない (押さえつけようとすると,よけ
 いに興奮する)
落ち着いて鎮める
身の危険を感じたときには,その場を離れる
他の人に鎮めてもらう
いじめられている利用者に注意を払い,未然に防ぐ
暴力をふるうに至った原因や状況を考えてみる
周りの者の不用意な言動や態度が暴力をふる
 わせる原因になっていないか,考えてみる
背景に幻覚や妄想がある場合もあるので,それ
 に対処する
気にくわないことがあると暴力をふるう
ことばで自分の思いを伝えられないとき
 などに暴力をふるう。弱いものに暴力を
 ふるう場合

具体的対応
原因・背景
の把握
原因が思い
つかない
危険なとき
今回紹介したチャートは,鎌田ケイ子先生の書かれた『痴呆ケアマニュアル』から引用したものです。
ご希望の方は電話・FAX・e‐mailで直接お申し込みください。

書名:『チャートで展開する痴呆ケアマニュアル』(2,100円税込み)

注文先:(株)高齢者ケア出版
     〒169-0075
     東京都新宿区高田馬場1−21−13 廣池ビル402
     TEL::03-3232-1310 FAX::03-3232-1340
     e‐mail:order@care-k.net

特定非営利活動法人(NPO)
全国高齢者ケア協会
JAPANESE SOCIETY OF CAREGIVING OF THE ELDERLY

特集ページトップに戻る
◆問題行動への対応◆
薬物療法
を受ける